SSLサーバー証明書ならさくらインターネット

さくらのSSLコラム

SSLとは?といった基本の理解から、その必要性や選び方のコツ、最新情報まで、
初心者にも上級者にも役立つコラムを更新しています。

Chromeの強制的な警告表示が2018年7月から開始

2017年初頭から Google Chrome ブラウザは、SSLサーバー証明書(以下SSL証明書)を導入していないサイトに対して、アドレスバーによる警告表示を段階的に強化してきました。そして今回2018年7月リリース予定のChrome 68より、SSL証明書を導入していない全てのサイトで「保護されていません」の警告表示が開始されます。

Chromeの強制的な警告表示

アドレスバーに会社名を表示できる「EV SSL証明書」とは

ブラウザのアドレスバーに緑文字で会社名が表示されているサイトを見たことはありませんか?会社名をアドレスバーに表示するには専用のSSLサーバー証明書(以下SSL証明書)を購入する必要があります。企業サイトの信頼性を向上させる証明書「EV証明書」をご紹介します。

「EV SSL証明書」とは

SSLとは

インターネット通信の暗号化(https化)を担うSSLの役割、用語の意味、暗号化通信が成立するまでの過程などをわかりやすく解説します。

SSLとは

SSLとTLSの違いとは

「SSLって何?」と聞かれると「インターネット通信の暗号化だよ」と答える人が多いと思います。「TLSって何?」と聞かれると「SSLと一緒によく見るけど何だろう…?」と回答に困る人が多いのではないでしょうか。本記事ではSSL、TLSについて解説します。

SSLとTLSの違いとは

無料証明書と有料証明書の違い

SSLサーバー証明書には有料と無料のものがあります。「費用を抑えたいし無料でいいか」と思いつつも「本当に無料の証明書で大丈夫?」という不安を抱く方も多いはず。本記事ではそれぞれのSSLサーバー証明書の違いやメリット、デメリットについてご紹介します。

無料証明書と有料証明書の違い

SSLサーバー証明書の違い

SSLサーバー証明書は、認証レベルにより「ドメイン認証」「企業認証」「EV認証」の3つに分けられます。それぞれどういった違いがあるのかを解説します。

SSLサーバー証明書の違い

常時SSL化とは

常時SSLとはWebサイト全体をSSL化する(暗号化通信)のための仕組みです。なぜ常時SSL化が重要視されているのか、常時SSLのメリットと必要性を解説します。

常時SSL化とは

SSL証明書の必要性

デジタル証明書という実体のないものに10万円、20万円と高価な価値が付くのはなぜでしょうか。この記事ではWebサイトの企画、営業担当の方を対象にSSLサーバー証明書(以下、SSL証明書)の必要性を解説します。

SSL証明書の必要性

SSL証明書のブランドによる違い

さまざまな証明書がありますが、暗号化や改ざん防止などのSSL証明書としての基本的な機能に実は差はありません。どういった違いがあるのか、なぜ違いが出るのかを解説します。

SSL証明書のブランドによる違い