SSLサーバ証明書とは


盗聴、なりすまし、改ざん、否認
SSLとはインターネット上でやりとりされる情報を暗号化し第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことです。
万が一、情報が盗聴・傍受されても、暗号化されているため中身を解読することはできません。
インターネットに潜む「盗聴」「なりすまし」「改ざん」「否認」。
これらの危険性を回避するために有効なのがSSLサーバ証明書です。

こんなお客様におすすめ!

オンラインショッピングサイトを運営されている方。会員登録ページを持つサイトを運営されている方。プレゼントキャンペーンサイトを運営されている方

SSLサーバ証明書があればID・パスワードやクレジットカード情報など他人に知られたく無い大切なデータを安全にやりとりする事ができます。大切なデータを守るだけではなく、SSLサーバ証明書を導入することでお客様が安心感を持って利用していただけるという利点もあります。

認証レベルから選ぶ

SSLサーバ証明書は、認証レベルにより「ドメイン認証」「企業認証」「EV認証」の3つに分けられます。
お客さまのご希望にそった認証レベルのプランをお選びください。

認証レベルから選ぶ

豊富なラインアップ

さくらのSSLでは、豊富なラインアップを取り揃えています。比較検討の上、お客様に最適なプランをお選びください。

   
ブランド価格一覧
  • サイバートラスト
  • ラピッドSSL
  • ジオトラスト
  • シマンテック
  • グローバルサイン

さらに詳しく!

改めて知ろう、SSLサーバー証明書とは?

(第二回)前回の記事では、SSL サーバー証明書に関する動向は、今年も来年も目が離せないといった状況をふまえ、改めてSSL を理解しておこうという目的のため、証明書の役割である暗号化と認証について説明しました。

SNIで1台のサーバ上に複数のSSLサイトを運用 – 前編

昨年、AndroidにおけるSNI対応状況という記事で、SSL/TLSの拡張仕様であるSNI(Server Name Indication)について触れました。少しニッチなテーマだと思っていましたが、つい先日、さくらのレンタルサーバでSNI SSLを提供開始というプレスリリースが発表されました。